アレルギーの病気

アレルギー性鼻炎、結膜炎とは?-症状や治療法

アレルギー性鼻炎とは

花粉やハウスダストなどの異物が鼻の粘膜に入り、それを排除しようとする反応が過剰に起こる事。
くしゃみ、透明の鼻水、鼻づまりが主な症状です。
アレルギー性鼻炎には、花粉が原因となる『季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)』と、ハウスダストなどが原因で年間通して起こる『通年性アレルギー性鼻炎』があります。

治療方法

因となるアレルゲンの除去

  • 掃除をこまめにし、じゅうたんやカーペットなどを避けダニ対策をしましょう。
  • 帰宅後にうがいや手洗い、洗顔をし、アレルゲンを落としましょう。
  • なるべく外に洗濯物は干さないようにしましょう。
  • 外出時はマスクをしましょう。
  • ストレス、偏食や不規則な生活をすると悪化しやすくなるため、規則正しい生活をしましょう。

抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)

  • アレグラ
    眠気の出にくい、鼻炎の代表的なお薬です。
    原則、1日2回内服する必要があります。
  • ザイザル
    眠気が出にくく、アレグラよりも効果が強いです。
    基本的に1日1回の内服となります。(症状が強い時は2回に増やしても良い)
  • ビラノア
    眠気が出ることがなく、効果も強いです。
    1日1回で済みますが、空腹時に内服しなければなりません

上記は私が使用したことのあるものを例として挙げていますが、その他にも沢山ありますので、『眠気がないものが良い』『ツラいから早く抑えたい』など、医師と相談しながら処方してもらって下さい。
また、花粉症の場合、花粉が飛散する前から薬を投与することで、症状発現を遅らせられる上に、飛散時の症状を軽くすることができます。

アレルギー性結膜炎とは

花粉やハウスダストなどの異物が目の表面に付着し、結膜に炎症を起こす事。
目の充血や、ゴロゴロ感、かゆみ、目やにが多くなる事が主な症状です。
アレルギー性結膜炎にも『季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)』『通年性アレルギー性結膜炎』があります。
また、春から秋にかけて症状が悪化し冬に良くなる…を繰り返す、重症なアレルギー生結膜炎である『春季カタル』というものもあり、結膜にデコボコができます。
5歳頃から発症し、思春期頃に自然と良くなることが多いですが、アトピー性皮膚炎を合併していると治りにくい傾向にあるようです。

治療方法

原因となるアレルゲンの除去

鼻炎の場合とほぼ同じです。
結膜炎の場合、外出時にマスクに加えゴーグルをするのも予防になります。

点眼薬

  • 抗アレルギー点眼薬
    パタノール、アレジオン、ゼペリン、リボスチンなど。
    ほぼ副作用がなく、1日3~4回点眼します。
  • ステロイド点眼薬
    抗アレルギー点眼薬で治まらない場合、ステロイド点眼薬を併用します。
    プレドニン、フルメトロン、リンデロンなど。
    医者と相談しながら、回数を減らしていきます。
    副作用として、眼圧が上昇し緑内障になる場合があるため、使用している間は定期的に眼圧を検査してもらいましょう。
ちなみに…私の場合は、鼻炎の薬を飲むようになってから目の痒みもかなり軽減しました。

春季カタルの場合、抗アレルギー点眼薬とステロイド点眼薬に加え、免疫抑制薬(タクロリムスなど)を併用したり、時には手術をする場合もあります。

ABOUT ME
まっちゃん
V6が大好きな30代のまっちゃんです。 V6の事、経験した病気の事をメインに書いていきます。 少しでも誰かのお役に立てたら幸いです。