その他の話

初めてスマホでネットの確定申告をやってみた

夫が副業を始めたのですが、スマホを扱い慣れてないので…私が教えながら、なんとか確定申告を済ませてくれました(^^;
確定申告の代行ができるのは税理士のみです!基本は本人がしないといけないので、税理士でない場合は(お金を頂かないにしても)代わりにするのは違法となります。

準備したもの

  • マイナンバーカード
  • 本業の源泉徴収票
  • 副業の請求書
  • 経費の領収書
  • 医療費のお知らせ
  • 医療費の領収書
    (お知らせに記載されてない10月~12月分)

副業の方は私が事務をしてる為、請求書や領収書は見やすいように事前にまとめてました。
医療費のお知らせと領収書も、医療費控除の明細書にまとめていたので、かなりスムーズに申告できたと思います。

スマホで確定申告する方法

  1. マイナポータルAPのアプリをダウンロード
  2. マイナポータルAPを開き、『スマホでログイン』をクリック
  3. マイナンバーカードの暗証番号を入力し、カードをかざす
  4. 『もっとつながる』をクリックし、国税電子申告・納税システム(e-Tax)をマイナポータルと繋いでおく
  5. トップページに戻り、関連サイト内にある『確定申告特集』をクリック
  6. 『確定申告書等の作成はこちら』をクリック
  7. 『作成開始』をクリック
  8. 質問に答えていく
    (申告をする収入の欄は、『給与』と『上記以外の収入』を選択し、提出方法は『e-Tax(マイナンバーカード方式)』を選択しました。)
  9. e-Taxにマイナンバーカードでログイン
  10. 収入金額・所得金額を入力
    (源泉徴収票や副業の収入・経費など)
  11. 所得控除の入力
    (医療費控除や寄付金控除など)
  12. 税額控除・その他の項目を入力
  13. 計算結果の確認
  14. 住民税等を入力
  15. 住所・氏名等を入力
  16. 申告書等の送信や印刷
  17. 支払い方法の選択をして終了

夫の場合は支払い方法をコンビニ払いにしたので、QRコードの印刷は必要でしたが…色んな支払い方法があるので、スマホだけで済ませられます!!

医療費控除の記入の仕方

  • 医療費のお知らせに書かれてる金額はまとめて『医療費通知に記載された医療費の額』の欄に書きます。
  • 『医療費の明細』の欄には、お知らせに書かれていない領収書の分を記入します。
    (領収書1枚ごとではなく、医療を受けた方、病院や薬局ごとにまとめて記入します。)
  • 『生命保険や社会保険などで補てんされる金額』は、給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引かれます。引ききれない金額があっても、他の医療費から引かれる事はありません。
    例:ケガをして保険金が5万円入ったが、医療費は4万円だった。
    →生命保険や社会保険などで補てんされる金額には、4万円と記入。
  • 医療費のお知らせのみ、税務署に郵送する必要があります。

 

 

 

ABOUT ME
まっちゃん
V6が大好きな30代のまっちゃんです。 V6の事、経験した病気の事をメインに書いていきます。 少しでも誰かのお役に立てたら幸いです。